Better Cosmetic-Foaming

印象をガラリと変えられるコスメ|アイシャドウの種類を紹介

本当に自分に似合う色を

悩んだときには再発見

化粧品

自分自身に似合う色は、その人の魅力を最大限引き出してくれるものです。
同じアイテムを使っていても、どんな色を選択するのかで、印象は大きく変わってしまいます。
コスメの世界でもそれは同じことで、特にアイシャドウは注意するべきポイントの一つだと言えます。
人の目元は、周囲から注目されやすいポイントの一つです。
またコスメの中でも、アイシャドウのカラーバリエーションは非常に豊富です。
どんな色が似合うのか迷ってしまい、結果として似合わない色を身につけている人も少なくありません。
アイシャドウの色選びで参考になるのが、パーソナルカラーです。
人はみんな、異なる肌や髪、そして瞳の色を持っています。
それらを分析することで似合う色を決めるのがパーソナルカラーの基本的な考えとなります。
結果は春夏秋冬の四種類で表現され、同じ「赤」でもそれぞれで違った風合いを放っています。
コスメの世界でもその原則は適用されます。
「春」と診断された人には、柔らかいパステルカラーのアイシャドウが似合います。
「夏」と診断された人は青系のスッキリした色合いが良いでしょう。
「秋」と診断された人には、深みのあるブラウンやモスグリーンがオススメです。
「冬」と診断された人には、シルバーなど、クリア感のあるコスメを選択するとよく似合います。
まだ自身のパーソナルカラーを調べたことがないという人は、ぜひ早めにチェックしてみてください。
アイシャドウの色選びで悩むこともなくなるでしょう。

影の付け方がポイント

固形石鹸

まだコスメ用品を使い慣れていないうちは、メイクも思うようにいかないものです。
なかにはアイメイクが苦手という初心者も少なくありません。
プロが目元をメイクする際には、眉から閉じた瞼のあたりを9つのブロックに分けて、どのような印象の目元をするかによってメリハリの付け方を変えるのだそうです。
ですから、より本格的に仕上げたいときはコスメカウンターに行って相談するのが良いでしょう。
アイメイクをする時にグラデーションを付けたいときは、アイシャドウを淡い色から濃い色へと重ね塗りするのが基本です。
その際にアイシャドウは眉から瞼の方に向かって付けてくようにしますが、初心者がやると腫れぼったい感じになってしまうことが多いようです。
そんな失敗を避けるには眼球の膨らんだ部分や、眉尻の下の眉骨のあたりに影を付けないことです。
その代わりに目頭や目尻のあたりに影を入れれば目元も立体的ですきりっとした印象に仕上がります。
尚、目と目の間が離れ気味の人は影を目頭の方を濃いめにして、逆に目の間が狭くてきつい印象がある人なら目じりの方の影を濃くするのがお薦めです。
日本人の肌に合い、初心者でも使いやすいアイシャドウのカラーは、明るい茶色やオレンジ、ゴールドなどと言われています。
これらの色では無難すぎるように感じることもありますが、かといって濃い茶色や濃いピンクなどの色は他のコスメ用品はともかく、アイシャドウは使いにくいでしょう。
ただ目元はデリケートな部分なので、敏感肌だとアイシャドウなどを塗るのが不安だという人もいるかもしれません。
しかし、他のコスメ用品と同じようにアイシャドウは安全性に配慮して作られている製品が多く、肌トラブルのリスクは低いと言われています。

自然なグラデーションに

化粧道具

アイメイクに欠かすことのできないコスメといえばやっぱりアイシャドウ、毎日使う人も多いですよね。
みなさんはどんな塗り方をしていますか。
ほとんどのアイシャドウには、付属品のチップやブラシが付いていますよね。
ケースに収まる大きさで持ち運びに便利ですし、気軽に使えるのでこちらを使ってメイクをする人も多いでしょう。
実際に付属のブラシやチップでも十分きれいにアイメイクができます。
でもやっぱり専用のメイクブラシを使うと、メイクの仕上がりがさらにキレイです。
使ったことがないという方には、ぜひ一度使ってみてほしいとおもいます。
どんなところが付属のブラシやチップと違うのかというと、まずはサイズ感が違いますよね。
セットのものよりも柄の部分が長くなっており、ブラシ部分も毛量や毛のカットの仕方など細かい部分までこだわって作られています。
また、意外に知られていないところでは、ブラシによってアイシャドウの発色の仕方が違う、ぼかし方が違うということなんです。
これは毛の硬さやカットによるものです。
お気に入りのコスメですから、できれば一番良い状態でメイクしたいですよね。
持ち運びには少し不便ですが、朝自宅でメイクをするときなどにぜひ使ってみてください。
プチプラコスメやいつものアイシャドウがふんわりとキレイに仕上がりますよ。
特にグラデーションにしたい時などにピッタリです。
全体に淡く色をのせたい時には、大きめで柔らかめのブラシがオススメです。
目の際など細く濃く色をのせたい時には、硬めで細いブラシが良いでしょう。
ぜひコスメ売り場でチェックしてみてください。

透明肌を作る成分

ウーマン

透明肌を作るために洗顔料に含まれているといい成分はいろいろあります。しかし、毎日の洗顔で美白効果を得られ、さらに透明肌になれるとしたら、それが美しい素肌を作るスキンケアにはもっとも大事なことだと言えるでしょう。

もっと読む

本当に自分に似合う色を

化粧品

コスメの中でもアイシャドウは、カラーバリエーションが多く悩みがちです。こんなときには、春夏秋冬の四つのタイプで自身に似合う色を調べられる、パーソナルカラー診断に挑戦してみてください。自分を魅力的に見せてくれるカラーを知ることができます。

もっと読む

欲しいものが全部ある石鹸

顔を洗う人

肌の美白では、どの洗顔用の石鹸を使うかが肝心です。ノニを使った石鹸は、肌の美白とシミ予防を両立してくれるうえ、肌トラブルも回避できるという優れものの石鹸です。理想的な洗顔がしたいと言う人は、ぜひ試してみましょう。

もっと読む